東京・日本橋の東洋古陶磁専門店

古美術品の買い取り・鑑定ご相談ください

 

鍋島染付幾何学繋文七寸皿

江戸時代・17世紀末

径19.3cm 高5.5cm 

鍋島特有のダミ筆や墨はじきの技が光る優品の一つ。
文様の中を染付の濃淡で塗埋めるダミ筆の技法や、梅と唐草文様を白で抜く墨はじきの技を駆使し細密に表現している。
 亀甲文様を不規則に配し、絶妙なバランスで余白をとるなど、類まれなデザイン力がいかんなく発揮された盛期鍋島の逸品。
裏面には、結び目のない七宝文様が三方に描かれ、高台には短めの櫛歯文を配している。