東京・日本橋の東洋古陶磁専門店

古美術品の買い取り・鑑定ご相談ください

古伊万里の取扱商品 

古九谷 / Kokutani

古九谷色絵琴高士文輪花大皿

江戸時代・17世紀

径 33cm 高 5.3cm

堂々とした輪花形の大皿は、豪快さの中に落着いた趣を併せ持つ古九谷大皿の名品の一つ。見込には、松樹の下に琴を携えた童子と高士が描かれ、文人趣味の一幅の画を格調高く表現している。周囲の窓の中には、望みの物を出すことが出来るといわれる吉祥文の宝珠を描く。幾何学的な文様と松や人物、宝珠などが器面全体に調和した優品である。裏面には、美しい発色の染付で描かれた唐花文様が大胆に配され、高台の中には、福の字を崩した様な珍しい文字が記されている。高台の作りは厚く、力強さを感じさせる一方、畳付の釉剥ぎ部分は丁寧で繊細な仕上がりである。

小補修有

古九谷色絵栗文小皿(左)

江戸時代・17世紀

径14.5cm 高14.5cm

売約済み

白さ際立つ素地に、栗の実が青でみずみずしく描かれている。縁に瑠璃釉を施すことにより、見込の絵文様が一層引立ち、器面には緊張感が与えられている。古九谷の中でも余白が活きた清々しい逸品である。裏面には、松葉に赤が施され、愛らしい松ぼっくりが色彩豊かに描かれる。高台内には緑にて角福を記す。


古九谷色絵栗文菱形小皿(右)

江戸時代・17世紀

径11.6cm 高15.6cm

売約済み

古九谷特有の色使いにより、栗の絵文様が活き活きと描かれた菱皿。縁の四方に紗綾形文を配し、その間を染付の七宝文で埋め尽くしている。器全体の意匠と色彩感覚の調和は絶妙である。小品ながらも力強い作品であるといえる。

青手古九谷茄子文大平鉢

江戸時代・17世紀

径33.5cm 高7cm

売約済み

造形、釉調、豪快な意匠、どれを見ても青手古九谷の魅力を余す所なく表現した逸品であるといえる。縁には、深い緑釉の中に菱形木目文を力強い筆致で描き、見込みには花文を巡らせた黄釉を背景に、茄子と葉の文様を、紫と緑を用いて大胆に描き込む。茄子を描く筆使いも勢いがあり、力強い。裏面には、色調の綺麗な黄釉が全面に施された中に、黒の唐草文を描き、高台内には福銘が記されている。器全体に釉調が濃く、青手古九谷らしい堂々とした作風である。

「色絵の煌 古九谷」大阪美術倶楽部(2008年)21番 所載

古九谷色絵牡丹文盃

江戸時代・17世紀

径8.4cm 高4.5cm

売約済み

(左上)

古九谷色絵牡丹文変形小皿

江戸時代・17世紀

縦12.8cm 横17.2cm 高2.3cm

売約済み

型を用いて成形された鋭い縁作りの変形皿。 銹釉を縁に施す意匠が、華やかな造形美を際立たせている。見込みには大輪咲きの牡丹が赤で艶やかに描かれており、その周囲に連なる如意頭文が絵文様を一層引き立てている。素地は薄く焼き締められ、美しい白地に赤・黄・緑・青の彩色を丁寧に施すなど優れた作行きである。高台は糸切細工で器形に則したものが貼り付けられており、側面には雷文がめぐらされている。高台中央には染付で角福銘を記す。

古九谷色絵小皿

売約済み

古九谷色絵栗文菱形小皿(左上)
江戸時代・17世紀
縦12.2cm 横15.8cm

売約済み
古九谷色絵鳳凰文輪花小皿(右上)
江戸時代・17世紀
縦14㎝ 横14㎝

売約済み
古九谷色絵松竹梅文変形小皿(左下)
江戸時代・17世紀
縦12㎝ 横16㎝

売約済み
古九谷色絵双鷺文隅切小皿(右下)
江戸時代・17世紀
縦11.5cm 横13㎝