東京・日本橋の東洋古陶磁専門店

古美術品の買い取り・鑑定ご相談ください

古伊万里の取扱商品 

古九谷 / Kokutani

古九谷色絵落款文輪花小皿 

江戸時代・17世紀 

径14.2cm 高1.8cm 

商談中

本来、裏に記されるべき落款をあえて器中央に配する斬新な意匠と、その周りを古九谷らしい三色の色絵を用いて輪線文を描いている奇抜な意匠の古九谷小皿の逸品。
裏面には、赤を用いて折れ松葉文様を描き、高台内には太明の銘を記す。

古九谷染付人物文手付菓子鉢 

江戸時代・17世紀 

長径23cm 高9.7cm

¥1,300,000

器中央に人物文を描き余白には四方襷文や唐草文様を配する等、中国祥瑞手の意匠を思わせる菓子器である。
江戸時代、茶人の求めに応じてつくられたであろうこの菓子鉢には、提手が付いており、古九谷作品の中でも非常に数が少なく珍品である。

古九谷染付竹虎文輪花皿

江戸時代・17世紀

径 21.2cm 高 2.2cm

売約済み

緊張感みなぎる竹虎の絶妙な構図や、染付の発色が素晴らしい藍九谷の逸品である。型打成形により薄くシャープに作られた藍九谷の捻形皿には、優れた作品が多いといわれている。その中でも勇猛な虎の姿を力強く描いたこの作品は、昔から藍九谷を代表的する優品の一つとされている。 藍九谷の捻形皿に描かれる虎の文様には雄虎と雌虎の二種類があるといわれており、この作品の虎は、睨みをきかせた勇ましい姿や、逆立つ毛並みの力強い筆致からも雄虎を描いた構図と思われる。 裏の文様は、蔓草を伸びやかに一本描き、高台内には角福の銘を記す。

青手古九谷楼閣山水文大平鉢

江戸時代・17世紀

径 32.5cm 高 7.5cm

切立つ岩山や大きな樹木、ひっそり佇む家屋が、青海波の文様を背景に、力強い筆致で描かれた青手古九谷の逸品。側面には木目の文様をめぐらせ、深い緑色で塗り埋めることにより器面全体を引き締めている。緑・黄・紫の濃厚な色彩で大胆に表された山水画からは、落ち着いた風格が漂う。この堂々たる器形の大平鉢は、釉調も美しく青手古九谷の魅力溢れる優品といえよう。裏面全体を黄色一色で塗り埋めており、その側面は、唐草文が伸びやかに描かれ、高台内には角福の銘が記されている。

補修有

古九谷色絵双鳥文隅切皿

江戸時代・17世紀

径 19.5cm 高 2.8cm

優れた作品が多いといわれる古九谷様式の隅切皿の中でも、この二羽の尾長鳥が描かれた皿は傑作として名高い。流れ落ちる瀧を背景に趣深い鳥の絵文様が、細密な筆致で格調高く表されている。 五彩を用いて端正に描かれた構図に美しい白磁の余白が生きるこの作品は、古九谷様式の風格と粋が見事に表現された逸品である。高台は、器形に沿わせ四方の隅を切った形で貼り付けられており、高台内には黒で記された角福銘が緑色で塗り埋められている。

古九谷色絵菊花文大徳利

江戸時代・17世紀

径 16.3cm 高 27.5cm

売約済み

古九谷様式の色絵大徳利の優品。細く締まった口から胴へと大きく広がる器形は、堂々とした風格がある。また轆轤は、薄く引き上げて作られ、手取りも軽く、端正な趣をも感じる。器中央には直角に折り曲げた短冊を大胆に描き、左右へ広がる菊枝花文と撫子花文を配す。首の部分や高台脇に小紋を描くことなく、あえて余白として残すことにより、枝花の文様が映え華やかさの中に気品さをも併せ持つ作品。短冊の間から見え隠れする枝花が絶妙に配置され、余白とのバランスが素晴らしい。釉調も美しく、古九谷大徳利を代表する逸品である。

古九谷色絵描分牡丹文皿

江戸時代・17世紀

径 19.8cm 高 3.2cm

三区画の見込みに、古九谷特有の彩色技法を駆使し作られた初期色絵作品の秀作。大きく区切った白地には「五彩手」と呼ばれる装飾法により、赤・青・黄・緑・紫の五色を巧みに用いて、牡丹の折枝文をのびやかに描いている。緑で余白を塗り埋めた「青手」の技法により濃彩で力強い絵付けが施された区画と、もう一つには、青で余白を塗り埋め白抜きに表現された唐草が美しく配されている。それぞれに趣向を凝らした意匠が、器の中で見事に調和した逸品である。陶工の指痕が残る素朴な趣は、この作品の見どころの一つでもある。

小補修、入有り

古九谷色絵木菟文輪花小皿(左)

江戸時代・17世紀

径 14.3cm 高 2.5cm

売約済み

白く美しい磁肌には、枝に羽を休め、何やら物思いにふけっているかのような愛らしい木菟が描かれている。鳥をモチーフとした作品は多くあるが、木菟の意匠は大変珍しく希少である。小さく描かれた木菟に周囲の草花が華を添える意匠は、微笑ましくもあり、心惹かれる逸品である。裏面には、赤で折れ松葉文が配され、高台内に角福が記されている。



古九谷色絵燕文輪花小皿(右)

江戸時代・17世紀

径 13.8cm 高 2cm

売約済み

見込の余白には、二羽の燕が仲睦まじく語らう姿が描かれている。また、燕のおどけた表情も愛らしい。輪花形の捻り部分に緻密に描かれた深紅の雷文が、見込の燕を引き立てている。古九谷小皿の中でも燕を描いた作品は少なく、人気の高い意匠の一つである。シャープな作り、手取りの軽さなどからも轆轤の巧みな技が光る優品である。

古九谷色絵牡丹文瓶

江戸時代・17世紀

径 15cm 高 24.2cm

¥4,800,000

欄干から顔を出す牡丹文は、百花の王であり、富貴を象徴する吉祥のモチーフでもある。雲形の枠内を赤地文で埋め、梅を配した丸文を散すなど、古九谷らしい独創性に溢れる意匠が描かれた逸品。赤を基調とした華やかな色彩であるが、首にめぐらされた黒の帯がアクセントとなり全体を引締めている。趣向を凝らした赤色の絵文様と、豊かに張った腰の造形美が見る者を魅了する。

小補修有