東京・日本橋の東洋古陶磁専門店

古美術品の買い取り・鑑定ご相談ください

 

鍋島色絵青海波牡丹文七寸皿

江戸時代・17世紀末~18世紀初

径20cm 高5.5cm

¥8,000,000

器の上下を青海波文で区切り、切枝牡丹文を波間や余白へ優雅に配置する。牡丹は富貴の花であり吉祥文であるが、一つ一つの描き方をみても、濃い赤で塗埋められた花、線書により表現された花、黄色を使い柔らかな膨らみをもたせた花など、細部にまで意匠上の効果を巧みに表現している。盛期鍋島を代表する作品の一つである事は言うまでもないが、多くの美術館にも所蔵されている優品である。